握手

インターネットで見れる広告|リスティング広告は代行業者を活用

江戸時代には既にあった

システム

顧客のニーズに応える

日本が高度経済成長期にあった頃は、大量生産と大量消費により経済が活性化し企業や会社も急成長した時代でした。しかし今や大量生産と大量消費の時代ではなくなり、ワントゥンワンマーケティングへと市場は変化してきているのです。ワントゥンワンマーケティングとは、消費者一人一人の趣味や嗜好を基にして個別にマーケティングを行うことでCRMシステムに通ずるものがあります。CRMシステムとは目新しい言葉ですが、顧客管理制度のことなのです。この概念は最近のものであると考えられがちですが、実を言うと日本では江戸時代には既に存在していました。時代劇の大店での様子を、思い浮かべてみましょう。江戸時代には店の主人近くに、大福帳と書かれた帳面があったはずなのです。大福帳は江戸時代から明治時代の商家で使われていた帳簿の一種で、取引先ごとに口座が設けられ商品の数量や価格を記していました。これこそ、現代のCRMシステムに匹敵する顧客の情報がつまっていた帳面と言ってよいでしょう。近代になって大福帳の名称はなくなりましたが、書類やノートによる管理が行われていました。しかし現代になると、紙媒体による管理が大変なこともあり企業や会社でもペーパーレス化が進められています。このペーパーレス化に対応した顧客管理に、対応できるのがCRMシステムというわけです。CRMシステムを使うことで、顧客各人の属性に対応したメールマガジンを配信でき、マーケティングオートメーションもできるのです。